光回線を選ぶ時に、分からなかった7つのポイント(こうして最適プランを選びました)

光回線を選ぶ時に、分からなかった7つのポイントとは?

ずっとインターネット回線はADSLを使っていたため、光回線については右も左もわかりませんでした。

まず、光回線を扱っている会社がどのくらいあるのか、というのを見てみました。

次に、それらの会社の光回線を、自分が住んでいる住居で使えるのかどうかを調べました。


 あとは、ひかり電話についてです。

固定電話との違いがまったくわかりませんでした。

固定電話よりも値段が安くなるとのことでしたが、どのくらいの差額になるのか気になりました。

固定電話からひかり電話に替えたら、電話番号が変わってしまうのかどうかもわかりませんでした。


 あとは光回線自体の料金です。

工事がいるのか、いるとしたらいくらくらい料金がかかるのか、月々の使用料金は、ということを調べました。

私の住居で使える光回線の会社は何社かありましたので、そのそれぞれについて、見てみました。

オプションサービスもいろいろあって、じつにバラエティーに富んでいました。

オプションサービスをすべてつけると、料金が高くなってしまいますので、必要最小限にしようと思いました。

費用対効果を考え、要るものと要らないものを判断していきました。

そのうえで、必要な機能だけ残し、その中で料金が最もお得と思われる会社はどこかということを調べました。ネット光回線とプロバイダー情報はここで確認しました。
ネット光回線とプロバイダー情報
各社ともキャンペーンをしていて、どれも魅力的で判断に迷ったりしましたが、わからなかったこれら7つのポイントを調べ、じっくり検討して、最適なプロバイダーと最適プランを選びました。




INFORMATION

04-28
インターネット回線選びを、価格com以外で、契約して良かった点とは?
04-24
光回線を選ぶ時に、分からなかった7つのポイント(こうして最適プランを選びました)

 

ページのトップへ戻る